神戸足の治療院

外反母趾、足の痛みなど、足のお悩みに神戸の足専門治療院

ご質問
お問い合せ
WEB予約LINEFace book
078−842−117110:00〜19:00 日休み

MENU

踵骨棘炎

このような症状でお悩みではありませんか?

 

初期の方では、朝起きて一歩目が痛み、日中の活動をするに従い痛みが引いてくる

中期・末期の方では、朝から晩まで歩くたびに踵から土踏まずが痛む

 

そんなあなたは踵骨棘炎かもしれません。

 

踵骨棘炎は足の骨の構造破綻が原因

踵骨棘炎とは

足の指から伸びる足底筋膜が、踵の骨と付着している部位に炎症が起こり、そこが痛む病気です。

足底筋膜は足の土踏まずのアーチを支えているのですが

足の骨の構造が不安定になり、足底筋膜が伸ばされてしまうことにより

踵骨の付着部が引っ張られてしまい

そこにトゲのような骨が形成されてしまう事により、痛みが発生します。

 

踵骨棘炎の解決策

 

足の構造の不安定性が原因になりますので

安定性を作るように足の骨を調整します。

特に距骨という骨が内側に倒れてしまう(オーバープロネーション)が一番多いので

そちらのアライメントと足底筋膜の長さを調節して

踵骨棘の負担を軽減させ、炎症を改善させます。

 

私達、神戸足の治療院では、踵骨棘炎の原因を突き止めて

最善の治療方法を提案いたします。

かかと付近の痛みをお持ちの方は、なるべく早くにご来院ください。

 

当院の治療方法は、全ての方で体の土台である足の骨のアライメントを整える事と

身体の中心である骨盤と股関節を整えてから、痛みの出ている部位を治療いたします。

 

踵の痛みが出ている方でも、痛みが出ている箇所だけを治療しても効果は限られております。

体の土台と身体の中心を整えることが大事になります。

 

 

PageTop