神戸足の治療院

外反母趾、足の痛みなど、足のお悩みに神戸の足専門治療院

ご質問
お問い合せ
WEB予約LINEFace book
078−842−117110:00〜19:00 日休み

MENU

モートン病

こんな症状でお悩みではありませんか?

歩いていると足の裏に痺れや痛みが走ることがある

足の中指から薬指にかけて、鋭い痛みが出ることがある

ハイヒールを履くと痛みが強くなって履けない

 

そんなあなたはモートン病の可能性があります。

 

モートン病は横アーチの低下、浮指が原因

 

つま先立ちの姿勢をとると、足趾に向かって伸びている神経を

中足骨頭の間にある“深横中足靭帯”が圧迫してしまい

痺れや痛みの症状を引き起こします。

上の画像のオレンジ色の太い線靭帯細い赤い線神経になります。
青丸で囲っている部分がモートン病の好発部位になります。

神経圧迫を起こしている部位には仮性神経種といわれる

有痛性の小さな腫瘤が形成されます。モートン病は中年女性に多く見られ

症状の現れる部位は2-3、3-4、4-5の指の間に現れることが多く

長時間のつま先立ち槌指変形が要因としてありますが、その他にも

指が地面から浮いてしまう“浮指”によって立位時、歩行時の負担が中足骨頭に

集中してしまい神経の圧迫を助長させてしまいます。

 

また、浮指が起こっている方には骨の構造的連鎖として

足の横アーチの消失を伴う“開帳足”や開帳足を促す“足関節の過回内”

起こっていることが多くみられます。

モートン病の解決策

 

足部に起こっている異常として浮指、アーチの低下、足関節の過回内が考えられます。

当院では足底面圧機を用いて、足のどこに過剰な負担がかかっているか?

歩くときの体重の移動はどうなっているか?を測定して

足のアライメントを調整します。

 

骨格の偏り、体重バランスの崩れには、矯正施術に特化した安全なトムソンベッドを用いて

低下してしまった足の横アーチには、小さな骨のズレを矯正できるアクチベーターを用いて

アーチの再形成を行いやすくします。

 

施術後は整った状態を維持していただく為に、ご自宅で行ってほしいトレーニングのご提案

足関節構造が崩れやすい方には、矯正用のインソールをオススメしております。

 

また、現在お使いの靴のサイズヒールカウンターの硬さ靴のすり減り方などを

確認させていただき、お一人お一人に適したシューズのご提案もさせていただきます。

 

当院の治療方法は、全ての方で体の土台である足の骨のアライメントを整える事と
身体の中心である骨盤と股関節を整えてから、痛みの出ている部位を治療いたします。
モートン病で痛みが出ている方であっても、痛みが出ている箇所だけを治療しても効果は限られております。
体の土台と身体の中心を整えることが大事になります。

PageTop