神戸足の治療院

外反母趾、足の痛みなど、足のお悩みに神戸の足専門治療院

ご質問
お問い合せ
WEB予約LINEFace book
078−842−117110:00〜19:00 日休み

MENU

足の浮腫

こんな症状でお悩みではありませんか?

足が昼以降に浮腫んで重だるい。
いつも足が太いと気になる。

そんなあなたは足の浮腫の可能性があります。

 

原因

足の浮腫は筋肉の動きの低下と内臓機能の低下から起こります。

足の筋肉の動きの低下が原因の場合、ほとんどの方でふくらはぎの筋肉の動きが悪くなっています。

ふくらはぎの筋肉は第二の心臓と呼ばれており、この筋肉がしっかりと動く事により

足の血管、リンパ管の動きが正常になります。

解決策

浮腫を気にしていらっしゃる方の多くは、足首の動きが低下して

ふくらはぎの筋肉が動けなくなってしまっています。

ふくらはぎと前のスネの筋肉が動くようにするために

足の関節を調整して、しっかりと関節が動くようにします。

臨床では足関節の回内(オーバープロネーション)がみられます。

足の関節が正常に動くようになると、歩幅が広くなり、歩きやすくなりますので

筋肉の活動が活発になり浮腫が減少します。

 

当院の治療方法は、全ての方で体の土台である足の骨のアライメント
身体の中心である骨盤と股関節を整えてから、痛みの出ている部位を治療いたします。

足の浮腫が出ている方でも、浮腫だけを治療しても効果は限られております。
体の土台と身体の中心を整えることが大事になります。

PageTop