神戸足の治療院

外反母趾、足の痛みなど、足のお悩みに神戸の足専門治療院

ご質問
お問い合せ
WEB予約LINEFace book
078−842−117110:00〜19:00 日休み

MENU

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか?

 

腰から足にかけて痺れがある
歩いていると足が動かなくなり、

しばらく腰掛けているとまた歩けるようになる。

 

そんなあなたは脊柱管狭窄症かもしれません。

 

脊柱管狭窄症の原因

 

脊髄が通る脊柱管という空間が狭くなり、脊髄を圧迫するために

腰に痛みが出たり、足に痺れや麻痺が出てきます。

ではなぜ脊柱管の内部が狭くなるのでしょうか?

脊柱管狭窄症の方の多くは60歳以上の方です。

椎間板は年を取るにつれて厚みが減少してきますので、減少した分、後ろの脊柱管に椎間板が出てきてしまいます。

また厚みが短くなった分、脊柱管内部の靭帯がたわんでしまい

その分、脊柱管が狭くなり神経を圧迫し、足に痺れや痛みが出現します。

 

脊柱管狭窄症の解決策

 

当院では、椎間板の厚みを増やす事に特化した

治療用ベッド(フレクションディストラクションテーブル)を使用します。

この治療法はCOXテクニックと言われる治療法で

腰をゆっくりと屈曲させたり、伸展させたりして椎間板の柔軟性を増やし

徐々に椎間板の厚みを増やし、たわんだ靭帯を引き延ばします。

また脊柱管狭窄症の方は、足のアライメントと骨盤と股関節も

ズレてしまっている方が多くいますので、それらの調整もしっかりと行います。

 

当院の治療方法は、全ての方で体の土台である足の骨のアライメントと
身体の中心である骨盤と股関節を整えてから、痛みの出ている部位を治療いたします。
脊柱管狭窄症が出ている方でも、痺れの出ている部位だけを治療しても効果は限られております。
体の土台と身体の中心を整えることが大事になります。

PageTop